結婚式についての情報がいっぱい!

一番美しい結婚式にするために

このサイトでは様々な結婚式についての情報をご紹介しています。
海をテーマにしたロマンチックな式の魅力や外国風のウェディング演出、披露宴におすすめの外国風の席次表に関しても取り扱っています。
また花嫁に知ってもらいたい痛くないパンプスの選び方や、ウェディングドレスと着物のレンタル料金比較といった役立つ情報も掲載しているサイトです。
これからウェディングを控えているというのであれば、ぜひチェックしてみてください。

海をテーマにしたロマンチックな結婚式を挙げよう

海をテーマにしたロマンチックな結婚式を挙げよう 結婚式はテーマをあらかじめ決めておくと、統一感のある素敵な式になるのでおすすめです。
しかしどのような題材を選べば良いのか迷う、という人もいるかも知れません。
もし結婚する2人とも海が好きだというのであれば、海をテーマにするのも良いでしょう。
ロマンチックな雰囲気がありながらもリラックス感のある結婚式にすることができ、きっと良い思い出にも残せるはずです。
海が見える場所にある結婚式場を選んだり、テーマカラーとしてブルーを選んだりするとそれらしい雰囲気になります。
またウェルカムボードや映像演出などで写真を使ったり、貝殻やヒトデなどの小物を小物を飾ったりするのも素敵です。
思い切って、リゾートウェディングをするのも1つの方法かも知れません。

結婚式を海辺でする場合のドレスの選びかた

結婚式を海辺でする場合のドレスの選びかた 結婚式を海の近くでする際には、衣装をどのようにして選べば良いか迷う人もいるのではないでしょうか。
というのも様々なデザインがあるウェディングドレスは、会場となる場所の雰囲気や特徴に合ったものを選ぶことが大切だからです。
会場と衣装がちぐはぐな印象だと見る人に違和感を与えることがあるほか、花嫁本人も結婚式のあいだ快適に過ごすことが出来ない場合があります。
そういったことからビーチウェディングで着る衣装は、ビーチがもつ雰囲気や特徴にあったものを選ぶことがおすすめです。
海辺にある会場は、大きな窓から常に水平線が見えるようになっていることも少なくありません。
バルーンリリースをはじめとした屋外でおこなう演出をすることもあるでしょう。
そのような場合、青い水面や空を背景にしたときに花嫁を良く引き立ててくれるのはやはり白い色をしたウェディングドレスです。
白い色のウェディングドレスとはいっても様々なデザインのものがありますが、海の側の会場を選ぶ際には重厚な印象を与えるものよりは軽やかな雰囲気のものが合っています。
堅苦しいタイプよりは、開放感やリラックス感のあるデザインを選んだほうが背景と調和して花嫁を素敵に見せてくれるはずです。

結婚式と新婚旅行の行う方法やタイミングの考え方

夫婦となることを誓ったカップルの中で、結婚式を挙げるというケースはとても多いです。
式のスタイルなども新郎新婦の希望にそって準備する事ができ、キリスト式だけでなく仏式や神式といった方法など数が多いのも魅力となります。結婚式自体は多くの招待客を招く大規模なイベントになる事が多いですが、同時に考える事が多いイベントの1つに新婚旅行があります。これら2つをどのタイミングで行うのかは、新郎新婦によって自由に決める事が可能です。式が終わった直後に旅行に行くという場合もあれば、式と旅行は別々に予定を組んで考えるという方法もあります。もちろんどちらか一方だけしか行わないという場合もあり、必ず行う必要があるわけではないのも特徴です。人生のなかでも特別なイベントではあるので、新郎新婦がしっかり話し合う中で二人が納得できる方法やタイミングを見極める事が大切です。夫婦となる二人が決めることで、より特別な思い出にする事が出来ます。

バブル期の絢爛豪華な結婚式と現代での挙式について

日本では昭和の1990年前後、バブル景気というものがありました。株価は軒並み高騰し、土地や家屋の評価格も上がっていったのです。
サラリーマンの年収も一千万円を超える人も多く、非常に日本経済が潤った時代でもありました。海外旅行に行ったり、ハイブランドを買いあさったり、一万円札を掲げてタクシーの争奪戦が起こったり、今では考えられない華々しい時代です。ディスコブームやハイレグにボディコンファッションが流行ったのもこの時代なのです。当然結婚式も絢爛豪華であったのは言うまでもありません。結婚式場ではゴンドラで天井から新郎新婦が下りて登場し、スモークを沢山宅演出で、まさに巨大レジャーランドのようでした。ウェディングケーキは天井まで着く高さで、招待客も百人越えは当たり前なのです。現代はというと、長引く不況のあおりで若者は結婚式にほとんどお金をかけません。極力安くつくフォトウェディングや小規模のレストランウェディングで済ませます。

十二単で結婚式を挙げてみては如何なものでしょう

結婚式で用いられる和装と言えば白無垢や内掛や振袖等が挙げられますが、式の中には古代に思いを馳せる十二単で挙げられる所があるのです。平安時代に用いられており、部屋を持つ女房の晴衣装となっており、昔の頃の書物には3月になれば籐重ねの物を着たのだとちゃんと書き示されています。持ち物では檜扇をもっているのですが、着ている物が12枚かと思いきや、何と10枚だったそうです。
対して結婚式で男性が着るのは、衣冠や束帯で公家の正装で活躍して、女性は華やかで多種類の着物を重ねるのに対してモノトーンの白と黒でシックに決められています。神社での神前式はもちろんの事、広やかな日本庭園や結婚式場内の愛らしいチャペルでも挙げる事が出来、1生の思い出を見事に作り上げて形で残しておいてくれるでしょう。オリジナルに作られた装束もあり、12枚の重ね着なのですが後ろで引いている物は金の箔押しで仕上げられ、1番上に来ている物には通常使用しない生地で仕上げられているそうです。

結婚式における角隠しの由来と綿帽子との違いについて

「角隠し」とは、そもそも和装婚の際に花嫁が頭を覆うように巻く白い絹の布そのものを指していましたが、だんだんとそれをつけた髪形そのものを指すようになりました。一般的な由来は、角という怒りの象徴を隠すことで従順でしとやかな妻になるという意味が込められているというものです。他にも、女性は嫉妬すると鬼になると言われているため、鬼になることを防ぐためのおまじないという意味もあります。なお、この髪形が世間で有名になったのは江戸時代後期から明治時代の初期ごろです。
日本独特の結婚式である白無垢に合わせる伝統的な髪形といえば、これの他に「綿帽子」がありますが、こちらは挙式のみで白無垢にしか合わせることが出来ないのに対して、角隠しは挙式以外にも合わせてよく、引き振袖にも合わせられる点が異なります。
以上のように、伝統的な式で使われるものには現代人にとってなじみの薄いものが多いものの、その一つ一つにきちんと意味が込められています。結婚式で伝統的なスタイルを選択するのであれば、その意味や歴史についてもついでに学ぶことでより一層結婚式が思い出深いものになることでしょう。

結婚式を開催する時に調達する必要があるもの

結婚式を開催したい時には、事前に調達しなければいけないものもあります。
式を開催するためのお金を十分に持っていないカップルが調達しなければいけないのは、式を開催するための資金です。こうした資金を集めることは非常に難しい場合もあり、資金集めに時間がかかるとすぐには結婚できなくなることもあります。結婚式の資金を集めるために相談できるのは、新郎新婦のそれぞれの家族です。このような場合に金銭の相談をされることが多いのは両親です。両親も子供の幸せを願っているので、お金に困っている子供のために金銭を提供してくれることも多いです。ですが、人によっては親に相談しても式を開催するための資金を借りられないこともあります。親も子供と同じようにお金に困っている場合には、資金を援助したいと思ってもお金を貸すことはできなくなります。このような場合には、結婚式を開催するために兄弟や親戚などからお金を借りることも可能です。

結婚式についてもっと調べる

結婚式は神戸の海を眺めながら

新着情報

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>結婚式と新婚旅行の行う方法やタイミングの考え方
>バブル期の絢爛豪華な結婚式と現代での挙式について
>十二単で結婚式を挙げてみては如何なものでしょう
>結婚式における角隠しの由来と綿帽子との違いについて
>結婚式を開催する時に調達する必要があるもの

◎2021/4/19

ヘアセットのポイント
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

海外風のテーブルコーデ
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「結婚式 ロマンティック」
に関連するツイート
Twitter

返信先:お邪魔します🧸🍯⋆︎*゚ 神すぎるイラストに…∑(*ºㅿº* ).ᐟ.ᐟ このカード結婚式で飾るって聞いて ロマンチックに感じました😭🩵

今日、結婚記念日やった笑 高3のクリスマスにプロポーズ。わたしがセブンのバイト上がりにおでん持って行って一緒にお部屋で食べてた時でした!コンビニおでんにティファニーです!全くロマンチックじゃなかったです!翌年の今日結婚式&入籍しました。

返信先:愛妻家のなきりさん、とっても素敵なのです!!! たしかに、バームクーヘンはお家では作れませんよね🥹 そして、バームクーヘンは年輪を重ねる木に似ているところから、ドイツでは結婚式に食べられる風習があるとお聞きしたことが! とてもロマンチックです!🥰…

月夜の浜辺というロマンチックプロポーズの後の“俺と同じ顔の男がこんなに!?全員と関係があったってどういう事なんだ!?!?”~ドタバタ地獄の結婚式編~は永遠に忘れないよ…

ロマンチックなポエムでプロポーズされて夢見心地で頷いたら、「じゃあ式は来週ね」って微笑まれるのでぜんぜんわかってないなって顔で「結婚式の準備って大変なんだよ。来週できるようなもんじゃないんだ」って教えてあげたら「でももう式場は押さえてあるんだ」って返ってきて欲しい